順風満帆な幸せの象徴。パンの夢を見た理由

恋愛
マイナビウーマン
2019/08/13 07:10

夢は私たちが日常では意識できていない深層心理を、シンボリックな形や表現で映し出すといわれています。夢はあなたの本音や本性を表し、自らを振り返る「気づき」を促してくれるのです。それゆえ、古来より夢は占いに発展していきました。見た夢を分析していくことで、これから起こりえることや今の運勢がわかるのです。

今回は、「パン」の夢についてくわしく紹介します。

■パンの夢が象徴するのは「愛情や豊かさ」

パンは主食であり、いつでも手に入る身近なものです。このため、夢占いでは身近な人に対する愛情、豊かさ、生活における充実感などを示します。

◇パンの大きさが暗示するものは?

パンの大きさによって、夢の解釈は異なります。大きいパンは、あなたの理想が高すぎることを表しています。理想の生活を思い描くのはいいのですが、あまりに高い理想はあなたを苦しめます。逆に、小さいパンの夢なら、あなたの理想が低いことを示しているでしょう。どうせがんばっても無駄……と少し投げやりになっているかもしれません。

◇パンの種類が暗示するものは?

パンの種類によっても、夢の意味合いはちがってきます。

☆甘いパンの夢

甘いパンの夢を見たら、性的欲求・お金・食欲など、さまざまな欲求が高まっていると解釈します。つまり、それらが現実では満たされていないので、不満なのです。

☆食パンの夢

食パンの夢は、食べ方によって意味が異なります。何もつけない、あるいはバターを塗っただけの食パンなら、今あなたが多忙であることを意味しています。ジャムを塗った甘い食パンなら、あなたは愛情に飢えているのでしょう。基本的に食パンの夢は、あなたが現状には満足していないことの暗示です。

☆クロワッサンの夢

クロワッサンの夢なら、あなたにチャンスがやってきます。クロワッサンは三日月の形をしています。夢占いで三日月は、チャンスをもたらしてくれるものです。

パンの夢は、状況にもよりますが、幸せを表す吉夢が多いでしょう。

■パンにまつわる夢の意味とは?

ふかふかのおいしいパンの夢は、安定した穏やかな生活を表しています。逆に、固い、カビが生えているまずいパンの夢は、運気ダウンの暗示。

このように、パンの夢にはパターン別にいろいろな意味があります。さっそくパンの夢を紐解いていきましょう。

◇パン屋に行く夢の意味は「幸せをつかみに行く」

パンは愛情や豊かさの象徴ですから、パン屋に行く夢は、愛情を注ぐ人を見つけにいくという意味です。婚活中の人がよく見やすい夢だといわれています。

◇パンを選ぶ夢の意味は「複数の男性からのアプローチ」

パンを選ぶ夢を見たら、たくさんの男性からアプローチを受けて、どの人にしようか迷うことになる暗示です。しかし、グズグズしていたらどの人とも付き合えないかもしれません。直感でピンときた男性に決めるのがいいでしょう。

◇パンを買う夢の意味は「金運アップ」

夢の中で買い物をする行為は、何かを得る、手に入れることを暗示しています。パンを買う夢では特に、金銭面でいいことが起こるのを意味しているのです。収入が増えたり、自由に使えるお金の幅が広がったりと、金運アップを暗示する吉夢です。

もしコンビニでパンを買う夢だったら、コンビニは夢占いにおいて手抜きを意味します。生活で何か手抜きをしていないか見直してみる必要があるでしょう。そうしないとお金が逃げていくかもしれません。

売り切れでパンを買えない夢だったら、金運がダウンする警告夢です。無駄遣いをしないようにしたり、貴重品の管理を徹底したりするようにしましょう。

◇パンを売る夢の意味は「人に尽くすとよい」

パンは愛情や幸せの象徴ですから、それを人に売る夢を見たら、愛情を持って人に接するといいでしょう。困っている人を助けてあげたり、ボランティア活動などをしたりすることで、さまざまな気づきがあるという夢からのメッセージです。

◇パンをもらう夢の意味は「プレゼントをもらう」

夢の中でパンをもらっていたら、身近な人から何かプレゼントをもらう暗示です。それはとても愛情がこもっているものなので、あなたは感激するでしょう。

もらうのは、物ばかりではありません。愛情や信頼といった目に見えないものを与えてもらえるかもしれないでしょう。

◇パンを食べる夢の意味は「元気いっぱい」

夢の中で食べ物が出てくれば、たいていそれを食べることになりますが、欲求を満たしたい気持ち、その人の健康状態、エネルギーの状況などがわかります。

パンをおいしく食べた場合は、それだけ健康状態もよく、エネルギーに満ちていて元気いっぱいであることを示しています。逆に、おいしくないパンを食べていたら、無理をすると健康状態が悪化し、ストレスが過多になることを暗示しているのです。

誰かと一緒にパンを食べる夢では、その人と幸せを分かち合う関係になることを意味しています。

◇パンを切る夢の意味は「愛情を小出しにしたほうがいい」

パンを切る夢を見たら、あなたの中にはあふれんばかりの愛情があることを意味しています。ただ、その愛情を誰かにそのままささげたら、重たいと思われてしまうかもしれません。

そこで、ちょっとずつ小出しにして愛情を示すとよいと夢は告げています。この夢を見たら、あなたには今好きで好きでたまらない人がいることを示しているのです。

◇パンを落とす夢の意味は「チャンスを逃す」

せっかくおいしいパンを持っていたのに、落として食べられなくしてしまったら、夢占いではあなたがチャンスを逃してしまうことを暗示しています。

たとえば、恋のチャンスをふいにしてしまったり、昇進試験の当日に熱を出してしまったりと、これまでの努力が報われない結果になるかもしれません。

しかし、これは警告夢です。事前に気をつけていれば、災難を防げる可能性も十分にあるのです。気を引き締めていきましょう。

◇パンを作る夢の意味は「願いがかなう」

パンを自分で作る夢を見たら、願望成就の吉夢です。現実では、おいしいパンを作ってあげる相手ができるでしょう。その相手は、あなたの人生においてとても大切な人です。おそらく、結婚相手である可能性が高いでしょう。

また、夢の中でパンをこねていて、うまくパン生地がまとまっていたら、金運アップの暗示です。うまくまとまった生地はお金を意味しますから、まとまったお金が入ってくるでしょう。

パンを焼く夢は、うまく焼けておいしそうなパンができあがったら、幸運が舞い込んでくる暗示です。焼いたパンがたくさんあればあるほど、大きな幸運がやってくると考えてください。

パンは、順風満帆な幸せの象徴

ふっくらとしたパンは、見ているだけでも幸せな気持ちになれます。夢占いでは、金運や身近な人への愛情を意味していて、基本的にはいい夢だと思っていいでしょう。

ただし、腐ったパンは例外で凶夢です。香ばしく食感も最高のパンは、あなたが順風満帆、幸せの最中にいることを意味しています。

逆にいえば、実生活が幸せであれば、おいしそうなパンの夢を見やすいかもしれません。パンが夢に出てきたら、じっくりと幸せをかみしめましょう。

(紅たき)

※画像はイメージです

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません