空気読め!グループLINEでヒンシュクを買う残念男の発言9パターン

恋愛
スゴレン
2019/10/08 11:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

空気読め!グループLINEでヒンシュクを買う残念男の発言9パターン


複数の仲間でメッセージのやりとりができるグループLINEは便利ですが、投稿内容に注意しないと、女性陣から「空気が読めない男」のレッテルを貼られてしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「空気読め!グループLINEでヒンシュクを買う残念男の発言」をご紹介します。


【1】それまでの会話の流れをぶったぎる「そうなんだー。ところで」


「皆がどんなに盛り上がってても、自分の話題に持って行こうとしてムカつく」(10代女性)というように、無理やり自分の話をねじ込もうとする行為は、周囲を苛立たせてしまうようです。女性特有の「オチのない話」が続いたとしても、黙って静観するほうが良いかもしれません。


【2】リアクションしようのない話題を振っておきながら「既読無視ですかー?」


「『あれー?』『皆さーん?』とその人の吹き出しだけ続いている状況があまりに寒くて…」(20代女性)など、反応に困るようなコメントをしたあとで、どんどん墓穴を掘るパターンです。投下した話題が不評だと感じたら、ただちに撤退すべきでしょう。


【3】スノボをしに行こうと盛り上がっているのに「俺、寒いの苦手だからやめようよ」


「『じゃあ来なくていいよ』と言わなかった私たち、優し過ぎる」(20代女性)というように、せっかくの計画をぶち壊してしまうようでは、ウザい奴認定されてしまいそうです。仲間たちの楽しげなプランに水を差すのはご法度でしょう。


【4】仲間のプライベートをさらす「○○、まだ内定出ないの?」


「グループ内では隠しておきたかったのに…」(20代女性)など、メンバーの個人的な事情を断りなしに明かしてしまうと、一気に信用をなくしてしまうでしょう。グループでの話題は、メンバー全員が知っている情報だけに限ったほうが良さそうです。


【5】グループ内の女の子が気分を悪くする「この間の合コン、女のレベルひどかったな」


「同じ女の子として不快な気持ちになりました」(10代女性)というように、女性の容姿をけなすのは、とりわけ女性メンバーからの不評を買うことになるようです。どうしても話したければ、男性メンバーのみの場を選びましょう。


【6】特定のメンバーにしかわからないネタを持ち出す「そういえばあの話だけどさー」


「何のことかチンプンカンプンで仲間はずれにされた気分」(20代女性)など、限られた人向けに送る暗号のようなメッセージは、ほかのメンバーに疎外感を与えかねません。グループ向けに送る以上、全員が共有できる内容に絞るべきでしょう。


【7】グループ内の仲間の悪口を言い出す「今日の○○、ちょっとウザかったよな」


「こういうことを言い出す人こそが一番ウザい」(20代女性)というように、仲間のことを悪く言うと、結果的に自分が嫌われることになるようです。多少の不満はあってもそれはお互いさま。グループに波風を立てるようなふるまいは自粛しましょう。


【8】グループの輪を乱す「○○と△△、もう付き合っちゃえよー」


「いい感じだったのに、この一言のせいでぎくしゃくし始めて」(20代女性)など、静かに愛を育みつつある二人の仲に言及して、うまくいっている関係をぶち壊しにしてしまうケースです。二人に幸せになってほしいと思うのであれば、そっと見守ってあげましょう。


【9】お気に入りの女の子にばかり話を振る「○○ちゃんはどうなの?」


「私たち女子は面白くないし、その女の子もだんだん孤立してしまいました」(10代女性)というように、特定の子ばかりを構う不公平な態度は、わきあいあいとした仲間を分裂させることにつながりかねません。女性はこの手の「ひいき」に敏感なので、特に気をつけたいものです。


リアルなやりとりと違って、場の空気が凍ってもなかなか気づきにくいLINE。発言する前に、不適切なコメントでないかどうか考えてみるように心がけましょう。(倉田さとみ)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません