彼女以外に好きな子ができたときのマイルドな切り出し方9パターン

恋愛
スゴレン
2020/03/31 11:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

彼女以外に好きな子ができたときのマイルドな切り出し方9パターン


付き合っている彼女以外に好きな人ができてしまったら、「別れ」を申し出るのがけじめというものでしょう。とはいえ、むやみに相手を傷つけたくなければ、切り出し方には注意したほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたアンケートを参考に「彼女以外に好きな子ができたときのマイルドな切り出し方」をご紹介します。


【1】「話したいことがある、いいことではないんだ」と前日にワンクッション置く


「気持ちの整理をする時間ができます」(20代女性)というように、よくない話をすることを予告しておくパターンです。ただし、「もったいぶらずに早く話してよ!」と言われる可能性もあるので、せっかちな彼女には使えない手かもしれません。


【2】「今から大事な話をします」と断りを入れる


「多分、嫌な話をするんだろうな…って心の準備ができます」(20代女性)というように、よくない話をする空気をあえて出すパターンです。ただし、結婚などいい意味で大事な話と勘違いされないように、暗い表情で切り出したほうがいいでしょう。


【3】「謝りたいことがあるんだ」と前置きを入れる


「まず浮気かな?って疑います」(20代女性)というように、よくない話をすることを宣言してから本題に入るパターンです。申し訳ない気持ちを顔に浮かべながら、正直な気持ちを話してみてはいかがでしょうか。


【4】「正直に言うから落ち着いて聞いてほしい」と冷静になるように促す


「耳をふさぎたいと思いました。だけど取り乱さないですみました」(20代女性)というように、前置きを入れて彼女の気持ちを静めるパターンです。すぐパニックになったり、ヒステリーを引き起こしたりするような彼女に伝えるときにいいかもしれません。


【5】「○○は何も悪くないんだけど…」と悪い話をする空気を出す


「彼氏のことは許せませんでしたけれど、自分を責めないですみました」(10代女性)というように、責任は全て自分にあるという前提で、話を切り出すパターンです。彼女がすぐに自分を責めて、落ち込むタイプであれば、この手のフォローは不可欠でしょう。


【6】「話し終わったらマジ殴っていいから」とすごく嫌な話をすることを宣言する


「殴りはしないけれど…懺悔の気持ちはあるのかなと思いました」(20代女性)というように、どんな罰も受けるというスタンスを見せながら話しはじめるパターンです。気持ちを伝えたあとは、彼女の怒りの張り手に備えたほうがいいかもしれません。


【7】「ほかに好きな人ができました」と穏やかに伝える


「なんとなくそんな予感がしていました…」(20代女性)というように、落ち着いたトーンで、好きな人ができたことをストレートに伝えるパターンです。まずはゆっくりと深呼吸して、静かに話し出すといいでしょう。


【8】「本当にごめん…」と謙虚に頭を下げてから正直な気持ちを話す


「また浮気されたのか…と思いました」(20代女性)というように、話す前に彼女に心を込めて謝るパターンです。「なんで謝るの?」と彼女が話を聞く態勢になってくれてから、事実を正直に伝えるといいかもしれません。


【9】「俺が悪いんだ…許して欲しい」とすすり泣きしながら謝る


「別れを切り出すほうも辛いんだよね…と少しだけ感じました」(20代女性)というように、自分の想いを涙で表現するパターンです。涙もろいタイプの人は、カッコ悪くても泣くのを我慢せずに、想いを伝えましょう。


気まずいシーンではありますが、逃げるわけにはいきません。彼女の性格を踏まえて、冷静に話せる雰囲気を作りたいところです。(外山武史)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません