職場の女子に「恋愛対象外」とみなされてしまう自己紹介9パターン

恋愛
スゴレン
2020/04/01 11:00
無料ブログ|デコメで作るケータイブログ 0

職場の女子に「恋愛対象外」とみなされてしまう自己紹介9パターン


新入社員としてデビューするときに、避けては通れない「自己紹介」。女性にアピールする場ではないとはいえ、「あの人とは付き合いたくない…」などと思われたら、悲しい幕開けになってしまうかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身女性に聞いたスゴレン独自の調査を参考に、「職場の女子に『恋愛対象外』とみなされてしまう自己紹介」をご紹介します。


【1】「10年以内に経営陣に入りたいです」など、将来の見通しが甘い


「目標を語るのは新人らしくていいけど、世間知らずだと笑われますよ!」(20代女性)というように、浅はかな将来設計を披露すると、幼稚な印象を持たれそうです。自分なりの計画があるのだとしても、出世意欲はむき出しにしないほうが無難でしょう。


【2】「女性が多くて嬉しいです!」など、職場を職場と思っていない


「『なんか勘違いしてない?』ってひんしゅくを買うかも」(20代女性)というように、ほんの冗談のつもりでも、浮ついた発言はリスクが大きそうです。仕事より社内恋愛に熱意を燃やしたら、女性のみならず上司からも睨まれてしまうかもしれません。


【3】「気軽に話し掛けてください」など、学生ノリが抜けていない


「いい人そう!と思ったのに、無邪気すぎる一言にガッカリ…」(10代女性)というように、社会人としての自覚がないことが露呈して、失望されたケースです。「未熟者なりにがんばります!」などと健気なことを言うと、等身大のまま好印象を与えられそうです。


【4】「趣味とかは特にないです」など、名前以外の個人情報をかたくなに隠す


「そっちが馴染む気ないなら、こっちも事務的に対応すればいいや…と思う」(20代女性)というように、自分のキャラとは違っても、とりあえずフレンドリーな雰囲気を出したほうがよさそうです。口下手な人は、事前に話す内容を決めておくと安心でしょう。


【5】「酒量だけは誰にも負けません!」など、微妙な自慢話を織り交ぜる


「酒豪伝説とかは男性には受けそうだけど、女子にはピンとこない」(20代女性)というように、男臭い武勇伝を披露しても、女性の心には響かないようです。英語力やIT知識など、仕事につながる自慢なら「見所あるかも!」と期待されそうです。


【6】「○○県出身ですが、あそこは最悪です」など、自分の地元をけなす


「わざわざネガティブなこと言う人って、愚痴とか不満が多そう…」(10代女性)というように、自己紹介では定番の「出身地ネタ」は、魅力的に語ってこそ功を奏するようです。自虐から入ったとしても、最終的には「地元愛」で終わりたいものです。


【7】「細く長くお勤めできれば…」など、上昇志向がまったく感じられない


「見るからに覇気がないと、デートも退屈なんだろうなあ…と想像してしまう」(20代女性)というように、仕事に対して受け身だと、恋愛力も低そうに見えるようです。「安定が一番」だと思っていても、新人らしい野心をのぞかせるのが得策でしょう。


【8】「母の勧めでこの会社を選びました」など、マザコン傾向が垣間見える


「入社のあいさつで母親の話をするなんて、相当絆が強い気がする…」(20代女性)というように、自己紹介で母親の逸話を明かすと、「マザコン疑惑」を招くおそれがあります。「両親」などと表現をぼかすのが、女性対策としては正解かもしれません。


【9】「気晴らしはパチンコです」など、ギャンブル好きの片鱗をのぞかせる


「金銭問題が起きる可能性が少しでもある人とは、関わらないのが吉!」(20代女性)というように、たとえ節度を守っていても、ギャンブルの話はまずそうです。逆に、「賭け事は嫌いです」などとわざわざアピールしても、かえって怪しまれるので控えましょう。


自己紹介での印象が悪いと、入社後しばらくはあとを引いてしまいそうです。好青年に見えるよう、多少は演技を盛り込んでもいいでしょう。(安藤美穂)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません