「わーい、ぼくがたいちょうなんですね!やったー!」(つはものどもがゆめのあと)

※刀ミュネタバレあるよ


























やっと見に行けました!つはもの凱旋公演!


あつかし公演は未だに見てないんだよね
だからいまつるちゃんの成長はわからないし(でも、物語の内容的には成長はすごく感じた)、三条のキャラクターもわからなかったんだけれど、流石三条だわ。空気感が三条。


物語は難しかった!(笑)
アホな審神者は源氏物語って…えっと、源頼朝と義経だっけ…藤原家?平泉??

って感じだったので、ネタバレ詳細については割愛w







いまつるちゃんが、初演のあつかし山で起きた事を受けとめ、成長するのが話の表の軸

そのいまつるの成長についていけない、何より源氏の登場によって自分たちの存在そのものが揺らぐ岩融

源氏兄弟は人としての身を得た刀剣男士としての一面、審神者の密命を受け実行する。また髭切、膝丸も源氏の歴史のなかでは不確かな存在

小狐丸は調律役であり、三日月とは対の存在

今回のキーマン、裏の主軸は三日月宗近






さわりとしては、源氏兄弟の登場によって、岩融は自分と今剣が歴史上にはいないのではないかと気づく。
今剣に兄弟を近づけさせまいとする。

源氏兄弟は審神者から密命を受ける。

鎌倉幕府設立前の時代への出陣


「ぼくをたいちょうにしてください!」

もう前のようなことにはならない、義経公の歴史が、例え最後が悲しいものであったとしてもそれが義経公の物語なら守りたいと訴える。


三日月宗近は歴史を守るため、歴史上の人物を操ろうと暗躍する。


「それでは敵と同じではないか!」


三日月を糾弾する小狐丸。
三日月が改編しようとした歴史の中にいた髭切はすべてを察し、小狐丸を諭す。





三日月宗近には、過去に自分が出陣した、守れなかった歴史をしっている。
歴史とは水のようなもの。タイムリープみたいな感じかなあ。

この歴史は、また語り継がれている歴史とは少し違う歴史。今剣と岩融はもちろん、小狐丸も髭切、膝丸も逸話と本人(本体)が確実とは言えない存在。
刀剣男士のなかでは確かな存在は三日月宗近だけ。


「何故知っている」

「びっくりしたよ。今までなかった記憶が急に流れてきたんだから。あの時、腰に刺さっていたのは僕なんだよ」

「やはりそうか。なに、お前がいなかった歴史もあったものでな」






「…主様は」

主は、この事は知らないよ?
三日月の暗躍を許せない小狐丸。すべてを理解した髭切は、三日月の代わりに気持ちを代弁する。

こんなことは俺だけが背負えばいい。
主を曇らせたくない。俺にとって主はー…


遮る三日月


最終的に、善悪はともかく納得は出来ずとも理解はした小狐丸。

今回の歴史では義経、弁慶は死なず、名を捨て生き延びる。

三日月の提案。三日月は歴史を守るために裏で手を引いてるのであって、特定の誰かを貶めたり、贔屓したいわけではないからね。

この時代の藤原、頼朝は義経が死ぬことを心が望まず、しかしながら歴史からは名が消えた。
洗脳や説得ではあるが、頼朝藤原三日月に共通した出来事がそれらを可能にしたのかもしれない。(2017年までに確かな歴史と本体(骸)が存在する)



これもまた、ひとつの歴史。




最後に今剣が修行に出て、おしまい。









ネタバレを書くつもりと言うよりは、自分の思いだし書きメモだよ(笑)

難しかったし、わからないところたくさんあったけれど、上手く組み込んだ舞台だったわ。今剣の成長は確かにメインだったのだけれど、真のメインは歴史とは何かであり、歴史の数だけ刀剣乱舞には可能性があるんだなと。

付喪神だって、同じ人間が100年刀を思い続けるってほぼ不可能だから、少なくとも刀剣男士は2人以上の思いや願いからその存在がある。
例え2人だったとして、同じ刀を思ったところでその印象や思い出は違って当然で、それこそが歴史。


例えばジョ伝で優しい長政さまに出会えたけれど、次にとんだ先には父親に荷担する長政様に会えるのかもしれない。






刀剣のほの暗い闇と、三日月の想いと、無限の可能性の話でした。













今回は2部が面白かったからその話!







つはもの決定直後

「このうちわで二連しましょー」

「いいよー」



早数ヶ月
観劇前夜

『終わらない…(夜中2時まで)』

『終わらない…(朝4時起床で作成)』


こうね、案はあったし、なんだったらこの数ヶ月絶対作る時間なんてあったんですよ
頑張れなかっただけで。

前の週に材料もサイズも細かい装飾の流れなんかも決めて、あとは各自でせっせと作り上げました\(^o^)/





間に合ってよかった…そして誉めて
兄者狙い撃ちうちわ



あ、そうそう。
今回は席時に良くないね(でも、私はこの日一回だしとても楽しみだった)。なんて話してたら全然近かったww
前のブロックだったし、すぐ後ろ通路。
ホームページで見たときは、後ろから5列目くらいかと思ってたのにwww





いざ2部!
ファンサ曲になってやってきたのは






















小狐丸でした

あのね、めっっっちゃ目があった(笑)(笑)(笑)
でもうちわ兄者じゃんww


体感は2秒くらい目があったし、脳内で「どうする…!?!?」とか考えてた時間は5秒くらいあった。

悩んでたら急にこぎちゃんが狐お手々してきたので、????浮かべながらふとこはる先輩みたら、兄者うちわじゃなくて、こぎつねうちわ(あつかしの時のもの)持ってた\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

しれっとファンサ貰ってたwww





なんとも言えないすれ違いファンサ貰ったの2回目だし、先輩の流れ弾見たのも2回目w



次の新作こそ、確実なファンサ欲しいよねぇ

あ、新作は当たりました。
幕末相性がいいらしくちゃんと当たる。

あとはステ新作とあつかし再演…!
しおり
記事一覧を見る

ひよるの人気記事

  • 「わーい、ぼくがたいちょうなんですね!やったー!」(つはものどもがゆめのあと)
    投稿日時:2018-02-04 00:01:25
  • 旅の道中レベリング
    投稿日時:2018-01-27 00:07:18
  • どんな時も忘れずにいてほしい その笑顔は太陽だ(マジラブキングダム)
    投稿日時:2019-10-06 00:46:18

おすすめトピックス

カテゴリーランキング

漫画・アニメカテゴリーの人気記事ランキング

ピックアップブログ
新着おすすめブログ