【難読】“ひい”じゃない! 「非い」の正しい読み方

ライフ
マイナビウーマン
2021/07/31 11:10

本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「非い」の読み方です。

“ひい”? いやいや、違和感しかない! と思った方は、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「非い」の読み方は?

「非」は、非常、非難と読むので、“ひ”という読み方は知っていますよね。

しかし、これに送り仮名の「い」をつけて、“ひい”とはさすがに読みません。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“わるい”と読みます。

■「非い」の意味と使い方

『漢字辞典オンライン』によれば、「非い」の意味は以下のように解説されています。

わる・い【△非い】

わるい。あやまち。まちがい。不正。

“わるい”と聞くと、「悪い」という漢字を思い浮かべる人が多いと思いますが、「非い」とも書くんですね。

読み方は難しいですが、「非」には否定の意味合いがあるので、そこからイメージできそうです。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「非い」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。馴染みのある漢字ですが、“ひ”以外の読み方は知らなかった人もきっと多いですよね。

送り仮名がつくことにより読み方は難しくなりますが、漢字からなんとなく想像できるのではないでしょうか。

(ななしまもえ)

GRP BLOGGRPブログ

このコラムが更新されると
自動的にメールでお知らせします
※一部の携帯/PCでは購読頂けません